京葉開発の家:京葉開発

京葉開発の家 私達が考える『良い住まい』は、奥様の笑顔が絶えない住まいです。 京葉開発の家とは?
 

○ 日本の木の家・在来工法を採用

高温多湿の日本の気候風土には伝統的な在来軸組工法が最も適しています。
土台・柱・梁に多くの石数(木材単位)を要し、木の持つ調湿作用が人の健康を守ります。
また木の持つ森林浴作用はマウスによる動物実験でコンクリートと木造での生存期間は
木造が圧倒的に長いことが証明されています。高気密・高断熱の現代住宅に求められるのは
湿気と内部結露の対策です。同じ木質系でもツーバイフォーやパネル構造よりも対策が
取りやすく優れています。

○ 安心の保証制度・高耐久住宅

全棟、財団法人「住宅保証機構」の認定を得た高耐久性能保証住宅です。
お客様に代わり自治体及び機構の検査を受けて合格した安心できる建物です。
更に肝心な地盤についても保証されます。

○ 質実剛健・骨太住宅

京葉開発独特の特徴として、標準仕様で土台・柱・梁・桁等、全箇所4寸角(120ミリ※別仕様の場合もあります)を使用した骨太構造で建物の強度を
高めており、耐震性も優れています。この仕様は大手のハウスメーカーでも特注扱いとなります。
また柱等は狂いや収縮のないエンジニアリングウッド(集成材)を使用していますので、一般の柱に比べ1.4倍の強度が
確保されます。プロも納得の躯体構造です。

  • 通常の柱105×105(3.5寸角)=11025
  • 京葉開発の柱120×120(4寸角)=14400(断面積)3.5寸角に比べ1.3倍の強度
  • 集成材による強度  1.4倍

○ 集成材と4寸角による強度差は通常の1.8倍を確保

施工例 京葉開発の家 標準仕様
藤原の家
東船橋の家
谷津の家 F邸
中野木の家 U邸
谷津の家プロジェクト


Copyright (C) 2010 KEIYOKAIHATSU. All Rights Reserved.