京葉開発の家:京葉開発

京葉開発の家 私達が考える『良い住まい』は、奥様の笑顔が絶えない住まいです。

     
 
 
     
『住まい創りの思い出』

東船橋駅周辺の家をずっと探しをしていました。やはり、『一生に一度の大買い物ですから、妥協ばかりはしたくない』と言う思いで探してましたが、現実は中々そうはいきませんでした。そんな矢先、京葉開発様と出会いました。
京葉開発様が提案するものは、私が希望するものをほぼ標準で備えておりました。
例えば柱はオ−ル4寸サイズで耐震強度を図り、更に自由設計なので自分の描いたものを具現化できること。
実際に、自分の思い描いた絵を具現化することは非常に難しかったですが、過去の事例を持ち出してくれたり、プロの目線からの的確なアドバイスも沢山してくれました。そのおかげで、思い通りのものを描くことのができました。ありがとうございました。
  『ご入居されてみて』

敷地が一番奥にあるので、日があまり入らないのではと心配していましたが、京葉開発様より、2階リビングにして、更に勾配天井にした方が良いと提案を受け、実際にそうしたおかげでポカポカと太陽の光を浴びながら日中はリビングで親子ゴロゴロ昼寝するのが休日の落ち着くひと時です。一階の各部屋にも、必ず日が入るので、将来こども部屋にしても安心です。
  『住まいのお気に入りポイント』

夫こだわりの配色を、素材を考慮しながら満足する形で実現させていただいたこと。また玄関脇の収納スペ−スや2階は生活動線を考えてた間取りで、実際に生活してみて、家事育児がしやすく、大満足です。
趣味であるサ−フィン道具を置く納戸と、屋外の温水シャワ−を設置したこと。サ−フボ−ドを出し入れしやすくする為に、玄関の脇に納戸スペ−スを作り、目隠しの為にロ−ルカ−テンで仕切りを作りました。あと、屋外の温水シャワ−は、冬場サ−フィン行く際に、わざわざ2階のお風呂場からお湯を汲まなくて済むので、非常に楽にお湯を汲むことができます。

*これから、ご購入される方へのアドバイスとして、コンセントの数は、多めに設置した方が良いです。実際に住み始めてから、ここにあった方が便利だと思う節があっても、追加工事ができないため。あらかじめ、設計の段階から、住まれたイメ−ジを持って設計にされた方が良いと思います。


Copyright (C) 2010 KEIYOKAIHATSU. All Rights Reserved.